ページ

2015年2月24日火曜日

なぜ1日1冊本を読むのか(TED翻訳)

 
……誰もがいい人生を望んでいるけど、誰もがそのために必要な読書をするわけじゃない。
最初に紹介した、祖父に送られた11冊の本、そのなかのひとつにこう引用してあった。
「民族はストイックさのなかから生まれた。民族は贅沢さのなかで死ぬ」
ストイックな人たちはいま現在の楽しみを犠牲にする。後々のよりよいことのために。彼らは投資家ともいえるかもしれない。
享楽的な人たちはいまのために生きる。彼らは消費者だ。人生は一度きりなんだからと彼らは言う。こんな言い方がある。もしこのばか者が誰かわからないなら、きみこそばか者だ。誰だってばか者にはなりたくない。
メディアがなにをしたがっているか。ぼくは教えてあげられる、ハリウッドからきたんだから。彼らは爆撃しているんだ。ぼくらは1日に2000の広告を見る。 彼らはものを売りつけようとしている。贅沢品は高くつくんだ。きみの希望を、夢を、野心を殺してしまうくらい高くつくんだ。
だからもう少し意志を強く。ストイックに。

(講演の後半より)