ページ

2014年10月18日土曜日

ある作家の日記(ウルフ)

創造的な書き手というものは、他の同時代人を我慢しうる者ではない。

ひとつの考え。すべての作家たちは不幸である。したがって本にある世界の光景はあまりにも暗すぎる。言葉を持たない人たちは幸福な人たちだ。

ある作家の日記(ウルフ)