ページ

2014年12月12日金曜日

エンデのメモ箱

そのときがくるまで、われらはわれらのやり方で戦いを続けよう。われらの宗教はポエジーという名である。人間にとり、ポエジーはその基礎生命維持に不可欠だと、ときには食べ物や飲み物より必要だとわれらは信じている。真の学問と、われらのポエジーが帰するところは、とどのつまりは同じだという者もわれらのなかにはいる。そういうことなら安心して待っていられる。ポエジーとは人間の創造力だ。常に新しく、自己を世界のなかで、世界を自己のなかで経験し、再認する能力である。だからこそ、どのポエジーもその本質において”擬人観的”なのだ。そうでなければ、それはポエジーではない。そして、まさにこの理由において、ポエジーは子供らしさと同族なのである。
ポエジーという言葉でわれらが意味するのは詩や本だけではない。それは生の形式であり、経験でき、体験できる世界解釈なのだ。

ある中央ヨーロッパ先住民の思い

現代の文化や精神的な活動は、これまでどの時代にもまして、カテゴリーをきちんと分けられず、混乱させています。ひとつですべての扉が開けられる、マスターキーがあれば一番だと思っています。この思考の安楽志向のために、美への問いそのものが捨てられ、忘れ去られました。モダンな美術作品、演劇、出版物をめぐる討論は、それがなにを言いたいのか、めずらしいアイデアなのか、新しいことかが問題で、それが美しいかどうかはまず話されることがありません。その必然的結果として、現代のモダンな美術や文学の大部分はこの美の要求をかかげようともしません。もはや美は目標でさえなくなりました。

永遠に幼きものについて

2014年12月6日土曜日

I Will Survive / CAKE

 

あんたなしでは生きていけないかと思った
でも毎晩毎晩考え続けたの
あんたがどれだけ間違ってたかって

で、あんたが戻ってきた
くそったれの鍵を交換しておくんだったわ

さあ、出ていって
わたしがぼろぼろになると思った?
ぶっ倒れて死んでしまうと思った?
いいえ、わたしは生きのびてみせる
愛することを知っている限り、わたしは生きられる

***

USで一番かっこいいバンド。

***

愛せるという驚嘆すべき能力。

***

好きでやっている、ずっと変わらない本来の仕事のストレスでぼろぼろになって、翻訳が慰めになったり。
久々に、半日CAKEを聴いていたり。
今日は(も)お休みの日。

それが詩のとき、女言葉は楽しいから好き。

2014年11月24日月曜日

ものがたりの余白(エンデ)

一日中ひとりでいても、退屈することはありません。ひとりでいても、まったく退屈しないことがわかりました。本も読まず、ただ壁を見つめていてさえも、そうなんです。いつもなにか考えることがあるし、想像したり、夢みることがあります。退屈はしません。むしろ逆で、まったくなにもないことをとても楽しんでいるんです。テレビもなく、まったくなにもない。すばらしい。

ものがたりの余白(エンデ)

2014年11月12日水曜日

自由の牢獄(エンデ)

つまり、期待が持つ真の意味とは、それがついに満たされないところにこそあるのだ。満たされた期待は全部、結局は失望に終わる運命なのだから。そう、神は、はるか昔人間と交わした約束を永遠に果たさぬ方がよい。仮に、ある不運な日、神が本気でそれを果たそうと思い立ったとしよう。本当に救世主が雲間に現れ、実際に最後の審判が開かれ、天のエルサレムは、現に空からふわりと降りる。その結果は、宇宙的規模の赤恥以外のなにものでもないだろう。今日、神の奇跡は、たとえそれがとてつもないことであろうとも、一般に「そう、それだけ?」という反応を起こさせるだけだ。神は信者をあまりに長く待たせすぎたのである。だが他方では、(そもそも神が存在するとしての話だが)神は確かに賢明だ。神は約束を取り消そうとは決してしなかった。なぜなら、期待こそが、そして期待だけが、この世界の原動力なのだから。

遠い旅路の目的地

2014年11月4日火曜日

夜の言葉(ル=グウィン)

良いですか、作家として、あなたは自由なのです。古今を通じて、およそあなたほど自由な人間はいないのですよ。その自由は、孤独で、寂しさで、かちとったものなのです。あなたは、自分自身で決まりを、法律を作り上げる国にいるのです。あなたは、独裁者であると同時に従順な民衆でもある。その国は、これまで誰ひとりとして調査したことがないのです。地図を作り、街を建設するのは、ひとえにあなたの仕事です。この世であなた以外にその仕事ができる人間はいません。過去にもいませんでしたし、将来、再び同じ仕事ができる人間もいないでしょう。

書くということ

2014年10月18日土曜日

ある作家の日記(ウルフ)

創造的な書き手というものは、他の同時代人を我慢しうる者ではない。

ひとつの考え。すべての作家たちは不幸である。したがって本にある世界の光景はあまりにも暗すぎる。言葉を持たない人たちは幸福な人たちだ。

ある作家の日記(ウルフ)

2014年9月18日木曜日

Patreon

クラウドファンディングとは少し違う、こういうものがある。

Patreon

これは、プロジェクト単位ではなく、クリエイター単位で継続的に支援するというもの。
人によっていろいろな設定があるが、たとえば、作品をひとつつくって公開するごとにいくらの支援、など。
オプションをつけて支援額を変えられるのは他と同じ。
たとえば、おまけがもらえる、クリエイターと直接話ができる。など。

もし、これが使えたら、作品の質そのものが変わるな、ということを考えた。
たとえば、ぼくなら、ひとつのまとまった作品には1年くらいかかる。
けれども、年に1回しか支援が得られないのはつらい。もしくは、単価も大きくなり、支援する側も1年も待ちたくないかもしれない。
それでは、月に1回~2回短いものを公開することとして、支援してもらおう。
年末にまとめたものを出し、いままで支援してきてくれた人たちには無料で配る。
など。
そうすると作品の形態自体が変わってくる。
短編集になるのかもしれない。新聞連載のようになるのかもしれない。

これに近いものは日本ではたぶんまだない。
PayPalのDonate(寄付)ボタンさえ日本では設置できない。
ろくでもないこと。

2014年8月24日日曜日

砂の本(ボルヘス)


「印刷は、人間の最大の悪のひとつでした。なぜなら、それは、いりもしない本をどんどん増やし、あげくのはてに、目をくらませるだけだからです。」

「金ですって?」と彼はくり返した。「いまはもう、貧乏に苦しむものはありません。むかしはさぞ耐えがたかったでしょうがね。また、俗悪のもっとも不快な形だったに違いない富の方も、わずらわされることはありません。」

「現在、世界中のあらゆる人間が、順次に、あるいは一挙に、自殺することの是非が、たしか論議の最中だと思います。」

「百歳になると、人間はもう、愛だの友情だのをなしですますことができます。悪や、不本意な死も、もうこわくない。芸術、哲学、数学のどれかを実践したり、チェスのひとり勝負をしたりする。自殺したければしてもいい。人間はおのれの生の主人であり、また、おのれの死の主人にもなります。」

「各自が、自分の責任で、必要な科学なり、芸術をつくらねばならないのです。」
「それならば、各自が、自分自身のバーナード・ショーに、イエス・キリストに、アルキメデスにならねばならないのですね。」
彼は無言でうなずいた。わたしはたずねた。
「政府はどうなりました?」
「言い伝えによれば、次第にすたれました。政府は、選挙を公示し、宣戦し、税金を徴収し、財産を没収し、逮捕を命令し、検閲を課そうとねらいましたが、地球上のだれひとり、従おうとしなかった。」

「火葬場です。」と、だれかが言った。「あのなかにはガス室があります。なんでも、アードルフ・ヒトラーとかいう名の博愛主義者が発明したんだそうですよ。」

疲れた男のユートピア

2014年8月18日月曜日

Vår



去年の夏のすさまじい2週間、究極的に狭く、しばしば暑苦しい自作のスタジオに閉じこもって、バンドは作曲し録音した。
愛、喪失、虚栄、希望、恐怖、性、友情などのテーマを探求して、音楽よりは、文学的な影響のもと(特にバタイユ、シェイファー)。

(解説より抜粋)

***

ほら、文学は、基本。

They're influenced by literature on this album (according to SoundMusic notes).
I think literature is pretty basis of every sort of art.
When you think about any subject or concept... but to "think" is already related to an aspect of literature.

2014年8月15日金曜日

想像力の食卓


想像力でつくったラタトゥイユ。
ラタトゥイユって、食べたことないし、なに?
たぶん野菜のなにかでしょ?


4種の豆カレー。
低カロリーだと思う。

材料
ニンニク
ショウガ
タマネギ
トマト缶
豆缶
カレー粉
好みのスパイス適宜
ウスターソース(隠し味)
コンソメ(唯一の動物性要素)

1. 油を少し入れ、ニンニクとショウガを弱火であぶる
2. タマネギを加えて香りが甘くなるまで中火で炒める
3. トマト缶・豆缶を加えて煮込む。豆缶の汁もそのまま使う。どろどろ感に応じて適宜水で薄める。
4. カレー粉その他を加えて煮込む

油をあまり使わないで、ルーも小麦粉も使わない。
ショウガをたくさん入れて、アメタマにはしない。
目にくる成分が飛んで香りが甘くなったかなくらいの感じでさわやかに。
これだとすぐにできるので楽。
余計なものの入っていないカレー粉(スパイス)で、トマトベース。
とろみは豆汁と豆を煮れば出る。

2014年8月5日火曜日

Shameless Whores / Daniel Rothmann


広告しなよ! 恥知らずの淫売みたいにさ

***

広告とは、必要でないものを必要と思わせる技術。

Advertising is the trick that makes you feel you're in need of something which you don't need.

Beautiful Burnout / Underworld


日が落ち
気温が落ち
美しき疲弊

***

ジャズのアップで使ってる曲。

2014年7月9日水曜日

独立系の作家として

前々から考えていた、いろいろなこと。

少しずつ、少しずつ、形を取って、いまだ途上だけど、ほんの一歩。

あだちしんご公式サイト

言いたいことは、たくさんはないけど・・・

デザイン。

感じるに、現代、資本主義、みんな綺麗事のイメージだらけ。

いかにもちゃんとした業者っぽいデザイン。でも本当は?

いかにも幸せになれそうなコマーシャル。でも本当は?

イメージ操作、やだ。

文字だけ、文章だけでいこう。

そういうコンセプト。

新しく書いた作品がいっこのっています。

いろんなものに背を向けて、有名な偉い人にはなれないけど、まあ、いいや。

なんていうか、そういう時代じゃないと思う。

印税もやだ、版権もやだ、既得権益もやだ。

誰かの思いをしっかりと受け取って、まっすぐに文章に叩きつけることができる。

そうありたい。

公式サイトをこちらからあちらへ徐々に移行していくつもりです。

なく

「生まれてきたという罪。」

「わたしというものが独房にぶち込まれた日。」

蛇尾

***

・・・つまり、私は産まれたくなかったのだ。元いた場所に戻りたかったのだ。この世があまりにもひどいところだったので、この世に出てくる前の状態に戻りたかったのだ。

・・・私たちは、自分がいったい何者なのか分からなくなることが時々あります。ふと「私は、なぜここにいるのだろうか」とか、「こんな所で、いったい何をしているのだろうか」という疑問がわいてきて、今まったく場違いなところにいるように感じたりするのです。そして、急に「帰りたい!」と思ったりするのですが、いったいどこへ帰ったらいいのか、まったく分かりません。

境界例と自己愛の障害からの回復から引用)

2014年6月24日火曜日

もたないくらし

表現上のミニマリストとして、生活でも似たことをやっていて。

冷蔵庫がない。

これは、遅くまでやってるお店がたくさんあるんだし、冷蔵庫をシェアしてるって考えればいいんじゃないかな?

生ものなら料理の支度の頃に買いに行って、その日のうちに使い切るとか。

半分にした野菜とかはそんなすぐには腐らない。

要冷蔵じゃないものは結構たくさんある。

洗濯機がない。

手洗いの界面活性剤が嫌で、液体石けんにかえたらこれは気持ちいい。

ためておかないで、ちょくちょく洗えばそんなに手間でもない。

習慣になってくるし、考えようによっては楽しい。

洗ったものが翌日には乾いてるから、下着だの衣類もたくさんはいらない。



生活を丁寧に、大事に。

便利さは、追求するときりがない。

いま、ひとり一台ロボットはないけど、100年後の人たちはそれがないと生きていけないと叫んでるんだろうか。

なにがあって当たり前で、なくて当たり前なのか、考えるとわけがわからなくなってくる。

手間を省いて、省いて、その空いた時間と労力でなにをするというのだろう。

2014年6月22日日曜日

ミニマリスト ~自虐的に~

文学に関して、ぼくがなによりも絶望しているのは、自分自身のやる気のなさなんです。
いま、無理に自分に課して作品を書くようにはしていますが、つまらないし、特に虚構作品はまったく執筆の意味も感じられず、「書きたい」「表現したい」という主体的なものが圧倒的に欠落してしまっているんです。
日常に起こったようなこととかを、エッセイとして5枚くらいにさらっと書くのは、意味のない行為とは感じないんですが、虚構はどうにもこうにも意味が感じられず、特に小説の場合、便宜的な文章が多くなりますよね。
たとえば、『彼はそう言った』(類似表現の反復)、とか、会話と会話の間に時間の経過があるんだということを表現したいばかりに、『彼はもじもじしてそう言ってから、自分のつま先を眺めた。しばらくしてからこう言った。』とかいうような、便宜のための文章。
××くんは詩を書くからわかると思いますが、詩ってそういう考え方はしないじゃないですか。本当に必要なものだけがそこにある。
ぼくはどうも潔癖のようになってきて、そういう無駄と便宜の集積みたいなことは楽しくない、ということと、虚構という嘘に意味を感じられなくて。
しかもこんなのはただ最近の文学観だというだけで、それ以上に先に書いた意欲のなさが絶望的なんです。

(メールより)

***

ミニマリストなんです。
散文詩が一番得意です。

メールを公開するのは自虐的だけど、ブログなどの文章が苦手なので。
どんどん苦手なものが増えていって、いったいどうなっちまうんだろう。

2014年6月21日土曜日

チェンジオルグ

この時点で、署名は42,580人分、コメントは6,390人分に及んでいたからです。
大きなダンボール一箱分でした。
担当者は驚きを隠せない様子でした。私たちがどんな政治団体に所属しているのか、何度も尋ねられました。
興味深いですね! 何らかの党派でなければこれだけの署名をたった28時間30分で集められるはずがない、と考えずにはいられないのでしょう。
しかし私たちは固まったグループではありません。

(『私たちは、都議会本会議内で女性差別発言をした自民党都議会議員を特定し厳正に処分するよう、自民党東京都連に対して強く求めます。』進捗報告から引用)

Change.org

代議制ではなく全員参加の政治というのは、こういう形に近い。
どこだったか欧州ではネットを使って政治参加しようという政党があるけど、技術的には可能でも、既得権益が許さないんでしょう。

2014年6月6日金曜日

心が純粋であることの苦しみ

バンド名がよすぎて。
聴いてみないわけにはいかなかった。
Favorite group name.


The Pains Of Being Pure At Heart

that

I feel

Pomplamoose

『この動画の映像効果は発泡スチロールとプロジェクターひとつだけでつくられています』

『動画編集ソフトで図形を動かし・・・』

『・・・セットにあわせます』




レーベル・レコード会社なし、独立系の作家。
I admire self-produce artists!

2014年4月4日金曜日

めいそうちゅう

おしらせ

2014年になって、ほとんど言葉らしい言葉を投稿していない、ということに気づきました。
執筆は、しています。
活動も、しています。
ただ、発表の仕方、ブログに出す意味、電子書籍にする意味、そんなことをずっと考えています。
今後どのように活動していくのかということでもあります。
このことに結論が出るまで、作品の発表はないと思います。

年末のものは計画しています。
それをどういう風に公開するのかということは未定です。

ジャズ(ダンス)はずっと頑張っています。
いつか、表現という大きな枠組みのなかでなにかにつながってくればいいな・・・とは思います。

ときどき強く、ときどき弱くなります。
応援していただけると嬉しいです。

2014年3月9日日曜日

「やだ」

「やだ」
っていえばすむことなのに
つい流されてしまって
あとでじっくり考えてみると
「やだ」
っていうことで仲間はずれになってもいいし
後ろ指さされてもいいし
嫌われてもいいのに
つい流されてしまう

なんでかな なんでかな
なんで自分はこうなのかな
って考えることでへとへとになって
もうなにもかも「やだ」ってなったりして

ひとりぼっち
流れに逆らって立っていられる
岩のようでありたいのに

2014年2月16日日曜日

I Am The Cancer / Sloan


じゃあね
さびしくなるよ
たったいま書いたんだ
長い文章をきみに
返事をくれなきゃいけないよ

きみから切り離された
ぼくは癌細胞

***

Canadian band. :)

Jazzpunk


***

Impressed by such game sound tracks as well.
When I think about those talented creators, I go dizzy and feel helpless.

Unkind / Waiting For The End


Unkind / Sloan


Waiting For The End / Linkin Park

***

Some songs I've been into, since last year
Only music is salvation lately
To kill
Fucking TRAFFIC NOISES
For I moved out to poor place