ページ

2013年7月29日月曜日

鉄の月 / BJC



i wanna go to battlefield
with my girl's photo in my leather wallet
with tattoos on my arm
to kill somebody i don't know who and where from
i won't be hesitate

stepping on leaves, aiming a gun
shooting it out at deep woods
killing spree day after day

you couldn't believe a story like this
it's been unchanged since my childhood
of course i wish everybody be happy though
we've grown too many

what do i think under heavy gun fire?
what do i feel when i hear somebody's cry?

***

Could this be an anti war song?
Or only sick of overpopulation (esp. in Japan) ?
For me, both. :)

2013年7月26日金曜日

ずっと変わらないほんらいのしごと


これも八しゅるいほど変わった食べるためのしごと、ずっと変わらないほんらいのしごと、・・・

***

ぜんぜんかんけいないべつのおはなし。

創造することと日常を生きるのは別のことと思っていると、
その人の人生の薄っぺらさ、
魂の薄っぺらさは、
作品に表れます。

適当に買い換えたスマホの、レアアースがどっかの奴隷を殺すように、
コンビニでもらったレジ袋が、どっかの海の果てで島をつくるように、
すべてはつながっています。
人生は総体で、部分に切り離すことはできず、
作家である前にひとつの独立した、
孤立した、
人間存在なのだから、

生きようそのものを美しく。