ページ

2012年6月1日金曜日

ゆめ

うちの犬がずっと瀕死で苦しみ続けている、と父が言う。
カニの肉をのどに詰まらせてもう何週間もたつと。
わたしは心配し、犬のところへ行くと、そののどに指を入れてなんとかしようとするが、成功しない。

***

問い:この夢の解は?
ヒント:自分は蟹座である

***

ちょっと考えてていろいろなことに気付いたけど、夢ってこわい。
象徴に次ぐ象徴。
父はただの脇役か? 現実には飼ってもいない犬はなんの象徴か?

夢って理不尽なんだけどね、のどに詰まらせた状態で何週間も生きてたり。
でも、そのなかでの感情はものすごく真に迫っていて、不安感であったりとか、生々と。
別にどうでもいいんだけど、夢は、ふと意味に気付くと、おもしろかったりする。
象徴的な夢ほどおもしろい。
気に入ってる昔の夢は、
「夜中に目覚めたわたしは、廊下に転がっている三匹の魚を避けて手洗いへ行く」
というの。
「その三匹の魚って家族じゃない?」と言われたときの「!」たるや。

珍しく象徴的な夢を見たので。