ページ

2011年10月29日土曜日

Loves And Hates

So, let me try English now.
It doesn't matter if you don't know what I'm talking about, cause we've got some pictures here! With pictures, language isn't necessary, right?
I haven't uploaded pictures for long time, so there are some old pictures included.


Can you see the windmill there?
It's flower park or something, I love parks and natures.
In spring.


My lunch...


The ocean! The ocean! The ocean!
Finally I've been there! I haven't seen the ocean for a long time even though I've wanted to. Not shores though. I love the ocean.
I walked like 4 hours or so on this day in Yokohama. Can you recognize where it is?
In the end of summer.



Hm, it seems like there is a green painting in the center of the photo, doesn't it?
I love those old Japanese houses these days. I really wish if I could live there.
I hate ordinary buildings and houses in this generation cause I don't feel any culture from those things, everything's just same.
Today.

I was planning to see red colored trees (leaves, actually) in a mountain in this fall. I don't know if I take pictures there though.

It's nice when the system indicates your wrong spellings, I wish if it could indicate grammar mistakes as well.
And I noticed this would improve my English a little bit, but how my keyboard was inconvenient for English! Bigger space key and shift key will work more.

When you speak or think in other languages, the basic of your existence will change. Because the language system is everything for human beings, how you feel, how you think and how you express yourself. You can't even think without language. And it's nice for me. I hate my own Japanese writings.
Well, It's nice killing time anyway. Especially when you drink alcohol!

2011年10月27日木曜日

「なんてたいくつなんだ」

『ノート2 掟の問題』(カフカ)

カフカ全集(新しい方)というのがあって、これはその文庫版らしい。
廉価版いいなぁ、ほしいなぁと思ったものの、正直、この人の翻訳はどうしてもいいとは思えない。
原文を昔にドイツ語で読んだんだけど、全然憶えてない。ただ、この人の翻訳の方が原文に近い気はする、味も素っ気もない。
自分は十代の頃からカフカにはまっていて、なぜか、というと、作品はもちろんすごいんだけど、いま思うには、人間的な共感が大きい。
『父への手紙』(作品ではない)が入ってるんですよ、この巻には。
ぐだぐだうだうだとした自己分析、幼児期の環境の分析、心理学的うんぬん、要するに、自意識過剰。

『詩という仕事について』(ボルヘス)

カフカ、ベケットと経て、別に卒業したわけじゃないが、ここ数年はまっているのが、ボルヘス。
衒学的なのは自分には読みにくいが・・・
当たり外れが多いように感じていて、一番いいのは、『伝奇集』というの。
『詩という仕事について』は、詩について、文学について。
基本的に正しいことを言っているように思える。
ただ、自分にはいまだに詩というのがよくわからない。

他には、ベケットをたくさん再読していたくらい。
「なんてたいくつなんだ」
"Mortal Tedium"(死ぬほどのたいくつ)
というのがお気に入り。

最近はもう読みたいものが全然ない。

***

最近は英語に復帰して・・・
そして、人にPCを教えていて痛感するのは、日本語うざすぎ。
半角とか全角とか変換とか、そんなのいらないよ。
アルファベット系の言語じゃないってだけで相当損してるよ。
そして、日本語で話すのすらもううんざりで、高文脈だとか敬語だとか・・・
思考を英語にしてはいるけども、はっきり言って、慣れこそするものの、上達はしない、と、思われる。
ただ、ずーっと、ずーっと、ずーっと、誰かが英語で喋っているのを聞いていると、こういうノリで話すんだ、みたいなのは入ってくる。
その人そっくりになってしまうから、若者表現とか、英国発音とか、うつっちゃうけど。

なにがどうってわけでもないんですけどね、今日はちょっと気分がよかった。
たまにはね。