ページ

2011年12月25日日曜日

The Boy / SP



息できないよ 考えられないよ
また恋してんだ

食事いらないよ 眠らなくていいよ
また恋してんだ

2011年12月21日水曜日

なぜベケットか(ブレイター)

緑の木々、鳥のさえずり、連れは親しい友人ばかり、空は美しい青空、というわけで、ベケットは大いにご機嫌だった。そこで友人の一人がこう言った。「まったく、こういう日には、生きててよかったという気がしてくるね。」するとベケットはこう応じた。「さあね、わたしには、そこまで言い切るつもりはないな。」

なぜベケットか(ブレイター)

2011年12月18日日曜日

Sunday

For killing time.

Waking up alone, hanging around alone, taking supper alone, all those are BS.
Loneliness.
I hate Sunday.
I'm depressed and might as well drink alcohol alone in a dark room.
Funny?

This reminds me of a song called "Longview".
"I sit around and watch the phone but no one's calling. Call me pathetic..."
(The band is really nostalgic for my youth...)

Well, I went to a place to have conversation in English, which is organized by university volunteers for free.
It's alright, but sometimes really boring since there are many researchers and students and they are keen to talk about their fields.
I heard a lot of biology topics today but I didn't even know those vocabularies and I don't care biology at all!
It's really depending on who you have with your table. I got ex-professor with me so... But I liked him since he's intelligent unlike ordinary people anyway.
We also talked about Japanese mentality and history a bit, that was neat.
You often have to introduce yourself again and again since there are many people and they change the tables to talk to more people.
I'm kind of sick of this. At the first time, I introduce myself with details, but at 2nd time or more, I introduce myself just as a writer. I don't wanna explain details, it's just complicated, like, I'm a ghost writer but looking for a job (unemployed!) and also activist blah blah blah.

Someone asked me how I learned specific writing skills, for I'm a ghost writer. (By the way, I'm not sure if I can use "for" as "since", I read it on holy bible, "My name is Legion, for we are many.")
But I had no idea, how can I answer sort of question?
I know there are private schools for story writing (everything's just for money in this generation) and also I'm pretty sure those are absolutely nothing.
I answered (in my mind later), there is only way to improve your writing skill, to read thousand books and to write million words. Or, it really depends on if you have sense or not. Especially about languages.
Speaking of writing, I wrote something in female wording for customer.
I think I'm good at that, in poetry way of course.

Thanks to the place I wrote above, I took my sense back in English a bit.
I've been really bad at English these days.

My comp was broken and I might as well bought new one.
I chose small laptop since I'm really sick of complex wires, and I liked new one. It was cheap and is light with English keyboard (I hate Japanese one, too many useless keys), has USB3.0, can connect to 40 inch TV so I can do anything except 3D gaming, but it's ok I gave up gaming.
The weak point is, the battery doesn't last long, it's really short.

I'm listening to music... See, this entry is literary killing time.
Sometimes I feel I'd better write something better my opinion about everything, but I'm just too lazy.
This is kind of endless, because I'm bored like hell. And very often I just delete everything I just wrote.
I feel like shouting swears, for I'm sad... I know I'm miserable... I'm basket case!

2011年11月23日水曜日

Occupyに行ってきた

Occupyに行ってきた。

叫んできた。

路上にテント張って泊り込んでる人いるんだよ。

どんだけ気合入れられる?

むちゃくちゃかっこいいじゃん。

一緒に飲んできた。

みんなやわらかかった。

エイサーの人たちもいた。

むちゃくちゃかっこよかった。

音楽は力だよ。

テントにギター持って行くんだ。

もう金に左右される時代は十分だよ。

うんざりだよ。

みんな金のために集まったわけじゃないんだよ。

世界をよりよくしようって気持ちでしょ。

つながってんだよ。

どっかの経済の問題とかが日本に波及して、日本の核の問題とかが世界に波及すんだよ。

参加するしかないよ。

・・・ときたまにはこういう言葉遣いしたくもなるよな。

2011年11月20日日曜日

Feelings, NOT who they want you be

Speaking English for 3H is amazing!
I didn't expect that I could!
This means I can speak English whole day!
Like this, just getting use to it and having confidence is the most importance when you speak other language.
And when I say English is just feeling, not logic, that's it!
Speaking out your opinion or feeling straight, it's very healthy and you never ever want to pretend you're someone else who they want you be.
I know it's Japanese bad habit, people wants anyone else same, but no one's same, we're just equal.
When they've got closed mind, that's pathetic.
I'm still fighting to be myself and for my freedom, I never compromise.


Red colored leaves.
I went to an English pub on my own.
That reminded me of Toronto.

2011年11月8日火曜日

Occupation?

I kind of became to hate Japanese. I mean the language, thinking, speaking and writing.
And this stops me think deep Because it's hard to think complicated ideas in other language.
So, when I feel if I write something here but I have no idea special.

Well, I'm interested in this these days.
Occupy Togather
Does the world change? I don't know, but I don't like current system.
I always feel we're subservient to society. In other word, we're used.

I tried Siri(iPhone app), and that was great.
All I said is only "hey, hey" though.
But I heard Siri recognizes even Asian accents.
I really want one but it's kind of expensive for me.

I just wanted to introduce about that movement.
In hopes that we'll meet someday on occupation.

2011年10月29日土曜日

Loves And Hates

So, let me try English now.
It doesn't matter if you don't know what I'm talking about, cause we've got some pictures here! With pictures, language isn't necessary, right?
I haven't uploaded pictures for long time, so there are some old pictures included.


Can you see the windmill there?
It's flower park or something, I love parks and natures.
In spring.


My lunch...


The ocean! The ocean! The ocean!
Finally I've been there! I haven't seen the ocean for a long time even though I've wanted to. Not shores though. I love the ocean.
I walked like 4 hours or so on this day in Yokohama. Can you recognize where it is?
In the end of summer.



Hm, it seems like there is a green painting in the center of the photo, doesn't it?
I love those old Japanese houses these days. I really wish if I could live there.
I hate ordinary buildings and houses in this generation cause I don't feel any culture from those things, everything's just same.
Today.

I was planning to see red colored trees (leaves, actually) in a mountain in this fall. I don't know if I take pictures there though.

It's nice when the system indicates your wrong spellings, I wish if it could indicate grammar mistakes as well.
And I noticed this would improve my English a little bit, but how my keyboard was inconvenient for English! Bigger space key and shift key will work more.

When you speak or think in other languages, the basic of your existence will change. Because the language system is everything for human beings, how you feel, how you think and how you express yourself. You can't even think without language. And it's nice for me. I hate my own Japanese writings.
Well, It's nice killing time anyway. Especially when you drink alcohol!

2011年10月27日木曜日

「なんてたいくつなんだ」

『ノート2 掟の問題』(カフカ)

カフカ全集(新しい方)というのがあって、これはその文庫版らしい。
廉価版いいなぁ、ほしいなぁと思ったものの、正直、この人の翻訳はどうしてもいいとは思えない。
原文を昔にドイツ語で読んだんだけど、全然憶えてない。ただ、この人の翻訳の方が原文に近い気はする、味も素っ気もない。
自分は十代の頃からカフカにはまっていて、なぜか、というと、作品はもちろんすごいんだけど、いま思うには、人間的な共感が大きい。
『父への手紙』(作品ではない)が入ってるんですよ、この巻には。
ぐだぐだうだうだとした自己分析、幼児期の環境の分析、心理学的うんぬん、要するに、自意識過剰。

『詩という仕事について』(ボルヘス)

カフカ、ベケットと経て、別に卒業したわけじゃないが、ここ数年はまっているのが、ボルヘス。
衒学的なのは自分には読みにくいが・・・
当たり外れが多いように感じていて、一番いいのは、『伝奇集』というの。
『詩という仕事について』は、詩について、文学について。
基本的に正しいことを言っているように思える。
ただ、自分にはいまだに詩というのがよくわからない。

他には、ベケットをたくさん再読していたくらい。
「なんてたいくつなんだ」
"Mortal Tedium"(死ぬほどのたいくつ)
というのがお気に入り。

最近はもう読みたいものが全然ない。

***

最近は英語に復帰して・・・
そして、人にPCを教えていて痛感するのは、日本語うざすぎ。
半角とか全角とか変換とか、そんなのいらないよ。
アルファベット系の言語じゃないってだけで相当損してるよ。
そして、日本語で話すのすらもううんざりで、高文脈だとか敬語だとか・・・
思考を英語にしてはいるけども、はっきり言って、慣れこそするものの、上達はしない、と、思われる。
ただ、ずーっと、ずーっと、ずーっと、誰かが英語で喋っているのを聞いていると、こういうノリで話すんだ、みたいなのは入ってくる。
その人そっくりになってしまうから、若者表現とか、英国発音とか、うつっちゃうけど。

なにがどうってわけでもないんですけどね、今日はちょっと気分がよかった。
たまにはね。

2011年5月29日日曜日

批評ついで文章論

一昨年くらいからずっと考えていたこと、というのがあって。

それは作風、書くという行為の方向性のことだけど、名称を見付けた。

オートフィクション

この概念を先に知っていたわけではなくて、たまたま、同じことを考える人がいるんだなぁ、と。

これは『蛇尾』以降でやっている、自分では日記だと認識している。(ただ、最近はまた方向性というのを見失っている)

そんな具合で、海外の人間が考え出したりすることに共感できる他方、現代邦人がやっていたりすることにはまったく共感できなかったりする。

某A賞受賞作(結構有名な人で他の作品が映画とかにもなっている)というのを読んだ。ひどい。

素人の文章で、しかも個性がない。

凡人であるということはともかく、言語表現に対する理解が浅すぎる。

改行が多いというのが最近の一般的傾向のようだが、時間軸がでこぼこして逆に読みにくいし不自然。

一人称でしかできない表現のためにそうしたのでなく、なんとなく便宜的にそうしたようだ、つまり、一人称が死んでいる。

しかしながら一人称は便宜ではない、ちゃんと表現上の目的がなくては。

取って付けたような比喩。全然合っていないし美しくもない。

単に小ネタの集積であって、最終的になにが言いたいの? という、典型的な空疎なもの。

日本にはこの手の空疎なものが多い。その空疎さこそが文学だという誤解が横行しているらしい。

結局、いい点はひとつたりとも見付けられなかった。

ところで、比喩は思うにセンスで、センスがないなら使わなければいい。

自分はセンスがないので使わない。

そういう意味ではカポーティは巧い。

『草の竪琴』(カポーティ)

冒険ものというくくりだろうか。

マーク・トゥウェインとかに近いんじゃないのと思ったけど違うかもしれない。

普通に現代でもきっと受けるだろうという面白さ。

簡潔で比喩表現が巧い。

2011年5月6日金曜日

打ち震えること

あんまりにも退屈なものだから。

ときたまにTVを観る。

自分は菜食主義者なものだから、食中毒の話を聞いても、どちらかといえば胸が悪くなる。

別に食わなくてもいいんじゃないのって風に思う。

それに関してはトルストイの発言がいい。

言語のこと。

英語を読むのだけど、別に美しくない文章が美しく見える。

それというのは、自分のなかで勝手に美しいものに変換するから。

想像力の果たしている役割が過剰に大きいということ。

それを翻訳でやるとしかし自分にはできない、醜くなってしまう。

最近は涙腺が弱い。

『幸福な王子』を読んで泣いたというのと、友人の作品を再読して泣いた。

作品の私的な価値というのを最近は考えていて、会ったこともない大文豪の作品と、肉声を知っている人間のそれは全然違う。

とにかく非常に悲しい。

でも、泣けるのは結構な才能だなとも考えた。

ロダンだったか、芸術とは、打ち震えること。To tremble.

あとは、前回に書いた知人の音楽を持っていて、それもまた全然違う。

音楽に関しては、その人をそばに感じ、励まされるように感じる。

現代日本の思想背景の虚無について書いた本を読んで。

結局、戦後の我々に深く刻印された虚無があるのだという。

そんなところかなとも思うけど、自覚や意識のないところで、そういったある雰囲気? 空気のようなもの? 別にそう教育されたわけでもないのに、自分の痛感している虚無が、社会全体の底流をなしているのだとしたら、おそろしいことだと感じる。

おそろしいというのは、虚無そのもののことではなくて、自分の根が社会に左右されているのだということ。

Simon & Garfunkelを聴きながら書いた。なんか突然聴こうと思った。

いつでもどこでも歌を歌いながら生きていったらきっと素敵だろうと思ったから。

2011年5月4日水曜日

実践ということ

最近は、というか、去年から、日記をつけている。手筆。

書く癖、というのは、身についてきた。

やらなくてはいけないことをメモにしてそこらに放りだし、できたら丸をつける。

あるいは、抑鬱のときは、その日できたことを。

……もう面倒になってきてしまった。

昨日、知り合いのご夫妻に招かれ飲んできて、文学だのなんだの話し。

というのは、彼はずっと音楽をやっていて、彼女はずっと絵を描いていて。

人称とか代名詞とか面倒なのでもう適当に書きます。

変換も面倒なんだけど。

「どんなゴミでも、書かなきゃ損だよ、書けるんだから、書かないのは罪だよ」

「そんなこと言ったってねぇ」

「ですよねぇ」

みたいな会話を。

そんなわけで、いまこの文章を書いてる。

でも、ブログはだめだな、見せることが前提だから。

「続けるなんて、若い頃はただずっとやってるだけでしょ? って思ってたけど、できないよ、みんなやめてく、続かないよ」

記憶力がひどい、継続の話をして。

会話文はいい感じ。

正直、文章表現が上達したとして、だからなんなの? というのがここ数年の心境ではあるんだけど…… 日々が平安ならそれでいいやと思う。

頭も尻尾もない文章になってしまった。

2011年2月6日日曜日

After Hours / Velvet Underground



もしドアを閉めたら
ずっと夜でいられるわ
もう二度とお日さまなんか見ないんだから