ページ

2010年7月31日土曜日

チロ

チロの検査へ行ってきました。


白血病。

1~2年保つかもわからない命だと言われました。

ぼくが最期まで看取ることになりました。

衰弱しているので夏を越せるかわかりません。

おとなしくていい子なんですよ。

耳の掃除をしてあげました。

遊ぶのは、ちょっと、無理かな……

生きるとか死ぬとかって、なんなんだろうねぇ……

2010年7月29日木曜日

野菜が高くて困ります


お好み焼き。


手持ちの安い野菜がキャベツくらいしかなかったので。

材料: 水、粉、キャベツ、コーン、長葱、玉葱、紅生姜、揚げ玉、青海苔

卵を入れ忘れた……

試しに玉葱を入れてみた、甘みが出た。

玉葱ってほとんどの料理に応用できる気がする。

粉の原材料にもなににも肉っ気はゼロ。

マヨネーズさえあればいい。

花鳥風月


関東は

強い東風

携帯の限界で星に見える

満月

眺めながら呑んだ

2010年7月23日金曜日

半ごみ屋敷模様替え

※ごみ屋敷化したのはぼくではありません

拡大して見てください。


飼い猫用に昔からあったキャットタワーは奥のすみへ。

時間は21時前……

滅多に観ない邪魔な旧型TV。

よく見ると手前のケージが空…… こいつはうるさいのでどっかをうろちょろしています。

東側の出窓は意図的に殺しています。ある事情があって。

うちには意図的に殺したい窓がふたつばかりある。


成猫(チロ 推定2歳 ♂)には狭い二段ケージ、ごめんね、でもこの子は体調不良のせいもあってかおとなしい。

小さな声で鳴くが、撫でてやると満足する。

現在風邪薬処方中。

左隅に見えるあいつは…… 最近チロの尻尾を狙っている。というか、外に出すとチロがおとなしいのをいいことにあからさまに攻撃を加える。チロは気にしていない。


もっと狭いケージ。

周辺に見える物資の類は全部ボランティア団体からの借り物。

さっきはいなかった黒い影(クロッピー 3ヶ月 ♂)。

基本的に出せ出せとうるさい。

出してやると大暴れする。

疲れるとおとなしくなる。

暑さのせいか食欲が落ちている。

***

どちらも未検査なので、接触させることはできず、遊びたがるクロを外へ、甘えたいだけのチロは撫でたりブラッシング、抱いたりする程度。

この連中のもらい手が決まらない限り、ぼくはずっと一緒なわけだ。

行き遅れを持った親父の気分。

猫の世話は、楽なようで、生活力の低いぼくにとっては、そんなに楽でもないです。

この連中でいっぱいいっぱいで、最近はハウスへ行っていません。

家を空けることが多く、猛暑、室温34度とかになるので、気が気でなりません。

***

暇すぎるからブログに着手したけれど、もう飽きてしまった。

2010年7月19日月曜日

33の事情

ボランティアの知人に頼まれ、新しいPCのセットアップと壊れたPCの分解・HDD取り出しを手伝った。

お礼に5千円をいただき、貧乏なぼくは嬉しかったが、直後、 同額をボランティア年会費として納めた。

(年会費を支払って正会員になると、保護動物にかかるお金が全額会負担になる)

差し引きゼロ。

善意の奉仕を行って、予期せぬ報酬、それをそのまま丸ごと奉仕活動へ捧げる。

これほど美しい金銭の動きはない、と、延々考えてから結論付けたが、理性で納得したに過ぎない。

上述のことを、自分自身に言い聞かせなくてはならない、貧乏でケチで浅ましく即物的な自分がいる。

心から、そう思えたらいいのに。

修行が必要なんだろう。

正会員になったので、会員番号付きのストラップをもらい、いろいろな数字のなかから、33を選んだ。


33。

吉と出るか凶と出るかって感じ。

貧乏貧乏言っていると、いやらしいから、なるべく言わないようにしているんだけど。

2010年7月17日土曜日

潔癖症気味に神経質なの治したいなぁ

成猫保護しちゃった……


そのときぼくは自転車だったのだけれど、仲間というか友達が手伝ってくれて。

感謝しています、ありがとうね。

「飼い猫が雌猫の尻追っかけてるうちに帰れなくなったんじゃないかなぁ」、と、ボランティア歴長い人には言われた。

確かに野良という感じではなく、人懐こい、でも、首輪してなかったし…… がりがりで衰弱していて。

ぼく、間違ったことしたのかなぁ……

放っておけば、いつかは、帰宅したのかもしれず……

捨てられたという可能性もあるけれど……

そんなことを悩んでいました。

中途半端な猫、首輪はないけど飼われてるのか、たまに餌をくれる人がいる程度なのか、そういう猫は判断が難しい、ということを勉強しました。

でも、「失敗じゃないよ、衰弱した子を見付けたら回復させてあげたくなるのが人情だよ」、そう、先述のボランティアの人は言ってくれました。

成猫なので、ある意味、子猫以上に世話が大変です、つまり、スプレー(マーキング)とか。

ぼく、潔癖症気味に神経質なので……

ボランティアって結局、ある程度のお金もかかるし、労力もかかるし、自宅は汚れるし、理想と現実は難しいです。

去勢して、またもとの場所に放す、という案もあるらしいけれど…… たぶん、それは、やらない(ぼくにはできない)と思います。

ただの栄養失調なのか、病気なのか、目やにと鼻水があり、やや、心配ですが……

基本的にはおとなしくしています。年齢不詳。

とりあえず、体力の回復を待ち、病院で検査他をする予定です。

2010年7月14日水曜日

トマトは輪切りが太陽のようで美しくていいと思います

サラダうどん。


夕食7回のうち5回くらいがこれだから自慢にはならない。

豆腐サラダと限りなく似ているし。

うどん4玉100円くらいで売っていて、ひとりだと余るんですよ。

生ものでもあるし。

今日は久しぶりに犬猫ハウスへ行ってきて、成犬Mがもうよそへ移されていて会えず、寂しいものがあります。

うちの保護猫Kは元気にちょろちょろしています。

誕生日にもらったブロッコリーという名のなにか。


もやしじゃなくて…… なにかそれっぽいものに似ているけれど名前が思い出せない。

そのうち胃のなかへ行く予定です。

文学のことを少しだけ考えました。

2010年7月9日金曜日

33

風邪のせいか、疲労のせいか、昨夜12時間寝て今夜は眠れない。

二千年ばかり、いつまで経ってもやってこないJが死んだとされるのと同年になった。

ただそこにいるだけで絶望を体現する存在、というのがいる。

そんな人に出会った。

ほとんどそんな毎日だけれど。

殺さない死神たち。

夢見るヴェロナール。

「すべてを許します、だから、放っておいてくれないか」

名前も忘れた詩人の好きな遺言。

猫と対話した。

目と鼻にパンチされた。

いつもひとりだ。

アウシュビッツで、午前中は穴を掘り、午後は穴を埋め、それを繰り返す。

そんなことをずっと繰り返してきて、もうとっくに飽きたよ。

疲れたなぁ。

2010年7月6日火曜日

保護記録

知人の知人が保護した猫を保護しました。



オス、月齢1ヶ月半~2ヶ月程度、体重900g。

ぼくが自宅で面倒をみることになりました。

7月5日保護、同日フロントライン(ノミ・ダニ駆除)、6日三種混合予防接種一回目、同日ドロンタル(虫下し)一回目。

激しく暴れ騒ぎ、睡眠不足かノイローゼになりそうでしたが、やっとおとなしくなりました。

寂しいのか不安なのかよく鳴きます。

話しかけるか、撫でてやると、落ち着きます。

記録までに。

2010年7月3日土曜日

食器叩き割り療法は自己責任でお願いします

自分自身に対して、あるいは、自分の人生に対して、苛々、絶望することがしばしばあり、最も嫌いな人間は誰か? という問いに対して、自分自身か、両親か、究極の選択を迫られる、そんな人種のひとりなのだが、自炊をしていて、苛々、ぞんざいに食器を扱い、陶器が欠けた。

食器を叩き壊すとストレス発散になる、という話を思い出し、壁に叩き付けた。

指先を傷付け、血が出たが、放っておいたら、指先二本を汚した程度で止まった。

こんなことで死にはしない。

割れた破片の類を適当に部屋の隅に追いやり、掃除機を簡単にかけたら、足を切った。

知ったことかと思い、放っておいたら、血だまりができていた。

少し驚き、美しいと思って眺めていた。

こんなことで死にはしない。