ページ

2008年8月5日火曜日

非小説

残照の最新刊に向けて、短いものを書いている。

非常に苦労していて、一日に一枚書ければいいところ。

自分の作風・文体といったものを失って久しく、まるで書き慣れない書き方をしている。

音読しなければならないくらい、些細な要素に神経質になっている。

一節単位の出来に拘っていて、この書き方は小説の書き方ではない。

夏ということもあってか、集中力が低く、放棄したいくらいで、完成するかもわからない。

それでいて、頭から離れず、悩みの種になっている。

仮に完成したら、次は(次があれば)、自分探しから始めなくてはならない。